キヅキんブログ - にほんブログ村

「出ていけ」という言葉をはさんだ親と子のすれ違い

息子とのかかわり

父親から発した「出ていけ」という言葉

『シングルファーザー 奮闘記 』という エッセイを読みました。思春期の娘との葛藤を通して、父親が気づいたことについて書かれています。自分も同じような経験をし、ブログに書きました。

思春期の娘が、だんだん自分から離れていくギクシャクした関係の中で、大きな口論となり、感情的に「出て行け」と言ってしまったのです。

父親は、こう書いています。

「激しく口論した結果、僕は「そんなことを言うなら家から出て行け」と娘へ言ってしまいました。」

出て行くはずはないと思って、感情的に言ってしまった言葉でした。ところが、娘はその言葉を受け取って出て行ってしまったのです。

娘の気持ち

しばらくして戻ってきた娘に、感情的になって言ってしまったことを謝りました。娘は、自分の気持ちを

「私なりに考えて行動しているつもり。だからあまりいろいろ言わないでほしい」

と泣きながら、父親に訴えたのです。

父親の娘への注意や傷つける言葉

母親役と父親役を こなさなければならないという思いで細かく注意したり、 傷つける言葉を発したりしていたのです。父親は、自分自身が娘に発した言葉を次のように振り返っています。

「娘に対して「口だけではなく、やることやって主張しなさい」や「そんなことも出来ないのか?」などと、娘が傷つき自分に自信を持てなくなるような言葉を浴びせたこともありました。」

父親はアドバイスしたい

父親は、常に、娘は「こうあるべきだ」を考え、「どんなアドバイスするべきか?」という思いにとらわれていました。

娘は話を聞いてほしい

娘は、「アドバイスなしで単に話を聴いて欲しい」と自分の気持ちを伝えました。

こう言われて、娘の話を聴くことをしてこなかったこと、受け入れようとしていなかったことに気づきます。

父親の気づき

最後に、子どもが「何を求めているかをあらためて考えてみて欲しい」と、思春期の子どもを持つ親たちに伝えています。

言葉の力と親の思い込み

親の子どもに対する感情的な言葉は、どれだけ深く、子どもの心を傷けるか親は自覚していません。

子どもが離れていくことに対する不安、反抗してくることに対する怒り、親子のかかわりが、変わっていく戸惑い。そうした複雑な感情は、子どもを親の考えで縛ろうとしてしまいます。

私自身も、子どもにこうあってほしいと、つい、アドバイスになり、小言になりました。

息子と話をしようとするたびに、「アドバイスは聞きたくない」と言われ、距離を置かれました。

子どもは、親に、本当の気持ちを聞いてほしい、心を打ち明けることのできる存在であってほしいのです。

親の目には、一生懸命やっていないように見えても、間違いだらけのことをしでかしているように見えても、子どもなりに、やろうとしていることを認めて、あるがままをわかってあげようとすることが大事なのだと思います。変わらなければならないのは、親の方だと気づくことだと思います。

【シングルファーザー奮闘記】その夜、娘は出ていった。思春期の娘とのすれ違い。父親が母親の役も両方をつとめようとしたが(HugKum) - Yahoo!ニュース
そんなギクシャクした関係の中、娘と僕はいつも以上に大きな喧嘩をしてしまいます。 激しく口論した結果、僕は「そんなことを言うなら家から出て行け」と娘へ言ってしまいました。 今振り返ってみると、娘が
タイトルとURLをコピーしました
PVアクセスランキング にほんブログ村