キヅキんブログ - にほんブログ村

思春期の息子、その日によって違う

息子とのかかわり

息子に振り回される感あり

現在は、距離を置いて構えているので、ある程度良好な関係を保っているつもりです。

一時期は、息子との距離を縮めよう、頼れる母であろう、親しみの持てる母でいようという意識が強すぎました。

特に、父親への反発は、目に見えており、なおさら、息子の気持ちをわかってあげなければと思いました。

しかし、私が近づこうとすればするほど、逆に遠のいていくような状態でした。そして、どうも息子の言動に、こちらが神経質に反応してしまい、振り回されている感覚でした。

その日によって、気分が違う

距離を置いて構えているのには、理由があります。その日によって、その時によって、息子の気分や感情が変わるのです。

向こうから、優しく声をかけてきたりするかと思えば、ブスッと黙り込んでこちらのことを無視するような態度を取ってみたり。ちょっとしたことにキレテみたり、なんとなく落ち込んでいるように見えたり。

とにかく、口数が少なくて、よくわからないのです。

思春期男子の感情

「思春期男子は、男性ホルモンのせいで、感情の起伏が激しくなる」そうです。

「人間の本物の感情には、怒り、悲しみ、おびえ、喜びの4つがある」そうです。

思春期が男の子にとって、感情が不安定になる時期だと、親のほうが認識しておくことなのでしょうね。そして、いちいち反応して、親自身がストレスをためないように気をつけること、そして、思春期の不安定さをわかってあげることでしょうね。

思春期男子が些細なことでキレる本当の理由
ちょっとしたことで不機嫌になったり、落ち込んだり…。子どもの感情の起伏に振り回され、困っている親御さんも多いのではないでしょうか。親子専門の心理セラピストであ...

娘の場合とだいぶ違う

娘の場合は、気持ちをオープンに表現するので、とてもわかりやすいのです。

思春期の反抗は、それほど強くなかったと記憶しています。今でもそうですが、不安や悩みを抱えると、親に相談します。娘の考えていることは、把握しやすく、息子のように閉じていません。

息子に対しては、悩みや落ち込むことがあれば、自分の中にしまっておかないで、人と話してほしいです。話すことで気持ちの整理がつくこともあると思うからです。

距離を保ちながらも、必要な時には助けになるような関係性でありたいものです。

タイトルとURLをコピーしました
PVアクセスランキング にほんブログ村