キヅキんブログ - にほんブログ村

息子と一緒に〇〇年ぶりのスキーチャレンジ

息子とのかかわり

息子のスキー初体験

去年、海外に住んでいた息子が帰国した際、スキーに連れて行きました。息子は、スキーが初めてでしたが、すぐにリフトに乗って、上まで行って、初級レベルのコースをすべり、数回すべっているうちに初中級レベルをすべれるようになりました。

私は、もっぱら見学で、今さらスキーは無理だと思っていました。ただ、自分も、一緒にすべれたら良かったという思いだけは残りました。

今年は、チャレンジ

今年は、「新年にやりたいこと」の一つにスキーを挙げ、⚪⚪年ぶりにチャレンジしようと決めていました。ゴ-グルとグローブも購入しました。

昨日、ついにスキー場へ出かけました。レンタルスキーを借りましたが、スキー靴のはき方までわかりません。息子に手伝ってもらって、ようやく準備ができました。

スキー板をかついだら

スキー板をかついだら、重くてしんどくて、数歩進むのがやっと。しかも、スキー靴では、思うように歩けません。やっとの思いで、すべる場所までたどり着きました。

息子からは、歩くのもやっと。無理だと思ったら、ケガする前にやめた方がいいと言われました。

始める前に、やっぱり返した方がいいかもと、弱気にもなりました。

スキー靴をスキ-板にくっつけるのにモタモタしているうちに、息子は、さっさとリフトのほうに行ってしまいました。

数メートル登って降りてみた

スキー板を横にして、坂を登って降りることにしました。実際は、坂とは言えない程の場所で、真っ平らにちょっと毛が生えた程度のゆるやかなところです。

ちょっとでもスピードが出ると怖いので、板を八の字にして、ブレーキをかけながら降りました。

息子に誘われ、リフトに乗った

坂を登る方が体力がいるので、大変です。だんだん要領がつかめた頃、私の様子を見て、息子にリフトで上に行くよう誘われました。上に行くと、小さな子どもたちでさえすべっている坂のきつくない場所があるというのです。

結構、スムーズ

リフトにうまく乗れるか心配でした。リフト係のおじさんや息子にタイミングを教えてもらって、乗ることができました。

今度は、リフトから降りる時のタイミング。

思ったより、スムーズに降りられました。

さあ、いよいよ、下まで何としてもたどり着かねばならない長い旅。

息子にリードされながら、最初は、おそるおそる動き出しました。ハの字のまま、あまりスピードを出さないようにですが、無事下まで降りることができました。

数回のリフト

数回、すべって、『あぁ、やれる』という思いで終わることができました。

⚪⚪年前も、初級レベルで終わってはいましたが、自分の生涯で、また、スキーがやれるとは思ってもいませんでした。

今年は、あと数回、スキーに出かけるつもりです。

タイトルとURLをコピーしました
PVアクセスランキング にほんブログ村