キヅキんブログ - にほんブログ村

子ども時代の家族旅行: 貴重な想い出

振り返りエッセイ

子どもの頃の家族旅行

私の子どもの頃、家族旅行と言えば、父方の祖母と母方の祖母のところに行くことでした。両祖父は、私が生まれてまもなく他界しており、記憶には、ほとんど残っていません。

父方の祖母のところには、毎年、夏休みに、必ず訪れていたのを覚えています。冬に行った覚えはありません。祖母ひとり、お正月は、どうしていたのでしょうか。

母方の祖母のところには、母と妹と私の3人で、何年かに1度行きました。片道4時間以上もかかる列車の旅行でした。

父の実家での夏休み

父の実家は、当時、かやぶき屋根の古民家でした。いろりでお味噌汁を温め、かまどで炊いたご飯でした。お風呂も、五右衛門風呂と言って、薪をくべて風呂釜のお湯をわかすものでした。田んぼが広がり、家から少し歩くと、小川にたどり着きました。

いとこたちが集まる

夏休みには、父のきょうだいの家族が集まることもありました。ちょうど、私や妹と同じ年頃の子どもたちもいて、一緒に過ごしたことを覚えています。

海水浴、焚き火、探検

朝、夏休みの宿題を終えて、みんなで海水浴に出かけたりもしました。

焚き火をして、お芋を焼いたり、近くの小川まで探検ごっこをしたりしました。自然に囲まれた中で、思いっきり自由に、時間を忘れて遊びました。

お手伝い

毎日のお手伝いは、雑巾がけでした。広い居間があり、古民家特有の無垢木材の床で、長年、拭き掃除で手入れしたとあって、天然のツヤが見事だったのを、子ども心にも記憶しています。

子どもたち全員で一列に並んで、1、2の3で、タッ、タッ、タッ、タッと一斉に雑巾がけの往復です。

食事づくり

食事づくりは、祖母と母たち(嫁たち)の仕事でした。今では、目にすることも珍しいかまどやいろりがありました。私は、かまどで炊いた、おこげご飯が大好きでした。いろりを囲んで食事する光景も、今では時代劇で見るくらいですよね。

母方の実家

母方の実家は、市の中心地からは遠いところにありましたが、小さな街の中でした。

近所の人たちとの交流

祖母は、茶道を教えたり、三味線を教えたりしていたので、いつも人の出入りがありました。社交的で、近所付き合いもあり、下宿人もおいていたので、80歳過ぎても、元気なシャキシャキばあちゃんというイメージでした。いつも、お漬け物をおやつ代わりに、お茶飲み会をしていました。

私と妹は、よく、私や妹の相手をしてくれたお姉さんたち姉妹がいて、仲良くしていました。

たまに、餃子屋に連れて行ってくれたり、だんこを買ってくれたりしました。今でもだんごやをやっている人はいるでしょうか。いろいろな種類の串だんごをリヤカーに乗せて、売り歩いていたのです。手作りの、特別においしいだんごでした。

お手伝い

祖母の家の中は、はっきり言って、ごちゃごちゃ。人の出入りも多く、祖母自体も外に出かけることが多かったので、お掃除する暇もなかったのでしょう。

母と一緒に、部屋の大掃除が、旅行の第一日目でした。母がお掃除好きになったのも、納得できる気がします。

祖母のところを離れるときは、電車の駅まで見送りに来てくれました。私は、大好きなおばあちゃんと別れたくなくて、ワンワン大泣きしました。小さい頃は、そのシーンをよく夢で見ました。

旅行の想い出は心に残るもの

こうして思い出してみると、ホテルや旅館に泊まる家族旅行と言えるような贅沢はありませんでした。

デパートの屋上にあった遊園地で遊んだ後、レストランで、旗のついたお子様ランチを食べたことぐらいが、記憶に残るイベントです。

それでも、両親の実家で過ごしたことは、子ども時代の良い想い出として、私の記憶に刻まれています。一生の宝物として残っていくでしょう。

タイトルとURLをコピーしました
PVアクセスランキング にほんブログ村