キヅキんブログ - にほんブログ村

大人女子のひとり旅は、行きたくなった時が適齢期

新たな気づき

はじめに

最近、”おひとりさま”、”ソロ活” など、ひとりの時間を楽しむことが注目されていますね。

昔は、日本人の集団行動が特徴づけられるほど、周りとの協調性が重視されてきました。旅行においても、特に、海外の空港などでは、旗を手にした添乗員を先頭に、団体客が集まっている光景が、そのしぐさや会話から、すぐ日本人の集団だとわかるほど目立ちました。

今は、年代を問わず、個人の自由を求める動きが、旅行者の間でも高まってきました。

ここでは、山脇りこさんの著書『50歳からのごきげんひとり旅』を紹介し、私自身のひとり旅経験に基づいて、大人女性ひとり旅の意義を考えます。

大人女子ひとり旅が人気

大人女性ひとり旅が人気です。

『50歳からのごきげんひとり旅』の著者、山脇りこさんは、ひとり旅の魅力をたくさん挙げています:

日常を離れ、たくさんの新しい”初めて”があるから楽しい」

「心の栄養になり、”ごきげん 貯金”がたまる」

 「自分が活性化する」

 「何よりのリフレッシュになる」

誰にも気兼ねせずに、好きなことを楽しむ」

「身軽になって解放感と刺激あふれる旅」

 「自分が自分のペースで旅を楽しむ」

大人女性がひとり旅を楽しむヒント満載の一冊 解放感と刺激あふれる旅が人生の栄養に(リアルサウンド) - Yahoo!ニュース
自由に自分のペースで旅を楽しむ、「大人のひとり旅」に今注目が集まっている。日常を離れ、身軽になって、行きたかった場所へ。誰にも気兼ねせずに、好きなことを楽しむ時間は、何よりのリフレッシュになる。

『50代という年齢は、「最高のひとり旅の適齢期」だ』と山脇さんは言っています。

女性の50代は最強にして最後の「ひとり旅適齢期」だった! 『50歳からのごきげんひとり旅』 | BOOKウォッチ
ひとり旅なんて、アラサーのころに思い立って出かけたのを最後に、もう20年近くしていない。旅行に行くときは友人と一緒に、結婚してからは夫とふたりで、子どもが生まれてからは家族で行くのが当たり前になった。  「いまさらひとり旅なんて無理無理」と思っているアラフィフ女性が、読めばきっと旅に出かけたくなるのが、料理家・山脇りこ...

  旅に行きたくなったときが適齢期

私は、大人女子ひとり旅の適齢期は、40代であれ、60代であれ、70代であれ、人それぞれの適齢期があると思います。

自分が行きたくなったとき、行ける状況になったときが適齢期ではないでしょうか。

もちろん、20代、30代であれば、余裕がない中でも、なんとか時間とお金を絞り出してほしいものです。旅に出るというのは、人生にとって価値あることです。若いうちだからこそできることがあります。また、若いうちにしかできないこともあります。

私は、去年、ひとり旅を実行しました。これまで、ひとりになることのない生活を続けてきて、自分の時間を持ちたい要求が、心の中で湧き上がっていたのです。

計画しているときは夢中でしたが、いざ予約をし始めると、自分のために時間とお金を使うことにためらいがありました。こんな贅沢をしていいのだろうかとも思いました。

しかし、思い切って実行してよかったと満足しています。それ以上に、今後も、できれば、1年に何度かは、ひとり旅を続けていきたいと考えるきっかけになりました。

 ひとり旅は健康維持にいい、というより、健康であるからこそ可能なこと

ひとり旅を実行してみて、自分の時間を楽しむ魅力だけではなく、健康維持にいいと気づきました:

アタマを使う」

  • 必要なものの準備
  • ホテルを調べて予約
  • 交通機関の発着時刻や行き方チェック
  • スケジュール作成
  • 予算の計算

カラダを動かす」

  • 階段を上り下り(エレベーターのない駅)
  • 目的地に向かって歩く
  • 道がわからない場所は、余計に歩く

温泉の効能を得る」

  • それぞれの温泉による効能(美肌効果!?)
  • リラックス効果
  • サウナのある場合はダイエット(!?)

地域の料理を味わう」

  • 地域の特産物
  • 地酒

お土産を買う」

  • 自分へのお土産は地酒
  • 家族へのお土産はその時々

アタマとカラダをおおいに使う活動ですが、そもそも、健康で体調がよくなければ、ひとり旅には行けません。

会席料理も、気兼ねなく部屋で食事を取ることのできるおひとりさま用プランがたくさんあります。

食べ放題プランも、実は、ほかの人たちを気にせずに、食事ができます。グループや家族連れ、カップルに取り囲まれ、じっと自分ひとりのお膳に座りっぱなしという状況ではないからです。

いずれにしても、胃腸が丈夫で歯に問題がないうちでなければ、せっかくのご馳走は十分に楽しめませんよね。

温泉も、足腰が不自由になってからでは、難しくなります。

帰りは、なぜか荷物が増えるのが普通です。荷物を持って歩く体力と、忘れ物をせず最後まで、旅行をやり終える気力が必要です。乗り物に乗ったり、歩きまわったりするので、旅行を終える頃には疲労感が増すからです。

最期の幸せを得られるのは、思い出に恵まれている人

高齢者専門の精神科医で、毎年100人くらいの高齢者を診察している和田秀樹先生は、最期の幸せは、「おカネ持ちではなく、思い出に恵まれた人」だと主張します。

「『もっと楽しんでおけばよかった』『あのときケチケチせずにおカネを使っておけば……』などの後悔の言葉を耳にする」ことが少なくないそうです。

「少しずつ体が思うように動かなくなって、ベッドで過ごすことが多くなったとき、心の支えになるのは、『あのとき楽しかったな』という思い出」だといいます。https://news.yahoo.co.jp/articles/aee4273f31ad3efb3719acc00258e7c9

これから先も、確実に毎年1歳ずつ年齢を重ねていきます。いつまで思うようなひとり旅を続けていけるのかはわかりません。でも、楽しい思い出に浸れる最期でありたいです。

笑顔で最期を迎える…大切なのはおカネより「思い出」なのです(和田秀樹)(日刊ゲンダイDIGITAL) - Yahoo!ニュース
【和田秀樹 笑う門にボケはなし】  私は、親を介護した子供や、家業や工房などを継ぐ子供、そして国民の生活を支える農林水産業に従事する人などには財産を継承させてもいいけれど、それ以外の人には遺産を継
タイトルとURLをコピーしました
PVアクセスランキング にほんブログ村