キヅキんブログ - にほんブログ村

思春期息子の反抗が過干渉を悟らせた

息子とのかかわり

過干渉の母親 だったと自覚

私は息子に対して、「過干渉」の母であったと自覚したことを『思春期に悩む息子に対する過干渉を自覚』でつづっています。

「今、自覚できるのは、先回りして息子が望んでもいないのに動いてしまっていたのだ、という過干渉です。無意識のうちに、私の思うようになってほしい、というこだわりで息子をがんじがらめにしていたということです。息子をどうしたら変えられるかしか考えていなかったということです。」      ⬇

息子の部屋を掃除したこと

ある日、息子が出かけた際、息子の部屋に入りました。 あまりにも散らかっていて汚いので、出かけている間に整理整頓しようと思い、洗濯物や食べかけのものを始末しました。 床に投げつけてあったカバンの中も、食べ物が入れてあったタッパーや紙くずなどを捨てました。ある程度きれいに整った状態になり、すっきりした気分になりました。

息子が戻ってくると、 私を激しく呼ぶのです。何が問題なのか 、綺麗にしてあげたのに。私の方からすれば、「ありがとう」と言われて当然だという気持ちでした。息子は、自分のカバンを私に見せてにらみつけ、 「このカバンを開けたのか」と追求してきたのです。ゴミや食べ終わったタッパーがそのまま入っていたので始末した ことを言いました。汚かったのできれいにした、それだけのことでした。

息子からすると、いない間に部屋に入り、カバンを開けて勝手に見たことが許せなかったのです。「僕は、お母さんのカバンを開けて、勝手に見たり、中のものを捨てたりしたことはない」と、私のやったことを我慢できないように、大声をあげました。 それ以来、何か気に障ることがあると、そのことを口にするのです。私は、散らかっているものを整理しただけですし、カバンの中のゴミを始末しただけなのです。せっかく整理してきれいにしてやったのに、感謝の代わりに、文句を言われて、私のほうこそいらだって腹が立ちました。

このような気持ちの行き違いは、たびたび起こりました。やってあげたのに感謝ではなく、不平不満となって返ってくる。そして、息子の批判の対象となるというストレスです。

本当の愛情?

紫田理恵は、彼女の要介護の母親を、「適当な距離感を保ち、厳しいが、本当の愛情に安心感と信頼を感じることができた」と振り返っています。「子どもと親は別もの」、親の介護で子どもが自分を犠牲にすべきではないと、母親は断固として、娘の介護離職を断ったそうです。

私は、息子の領域をぶち破って入り込んでしまったのです。ベースにあるものは、息子に対する信頼ではなく心配、距離感を無視した自己本位な思い、子どもと母親を一体化した無意識の支配欲です。これが本当の愛情と言えるでしょうか? 一方で、自分の部屋を管理できない息子に対して、厳しさはあったでしょうか?

思い通りに、先回りして処理してしまう…息子が行動を起こすまで待っていられない、手を出さずにはいられない、自分の満足するように管理したい。まさに、「過干渉」の極地ですよね。

時間が経過して、落ち着いて振り返ってみて、今、初めて気づくことができているのです。

その場では、息子のためにしたことで、反抗的態度を浴びせられる意味がわかりませんでした。なせ、「ありがとう」という言葉が返って来ることがなく、息子の怒りが起こるのかわかりませんでした。感謝ということを知らない、してもらったら、ひと言「ありがとう」と言うべきだ、と母親としてのアドバイス・ムードに行き着いていました。

いつもいつも、息子のためと思ってやることが空回りして、 母親としての「思いやり」が否定される。それでもまた、「間違った愛情」で働きかける、頼まれもしないのに、世話を焼いてしまうという悪循環です。その結果、ストレスを背負うのは、両者です。息子の反抗はおさまらず、私は、苛立たしさで崩れそうになるのです。

「過干渉」は、愛情の間違ったあらわし方

「過干渉」は、 愛情の間違った表し方ではないかと思います。子どもの望んでいないことをやる、愛情の一方的な押し付けです。「過保護」と比較されることがありますが、「過保護」は子どもの望んでいることを何でもやる盲目的な愛情です。 両者とも親の愛情がベースになってはいますが、「過干渉」は 子どもの反発をかい、 「過保護」は、親子関係に支障が出ることは少ないかもしれません。しかし、子育ての目標が子どもの自立/自律だとすれば、両者とも、その目標を達することがはできません。

「過干渉」の問題は、親の思いと子どもの思いが反発し合うところにあります。 しかも、親が「過干渉」であるという自覚を持たないまま、行き過ぎた行為に走ってしまうということです。

「過干渉」を自覚するには

「過干渉」であることが自覚しにくいのは、親自身が、子どもに愛情を持ち、子どものためにやっているという意識があるからです。しかし、その行為は、無自覚、無意識 の「 過干渉」になっていることが多いのではないかと思います。

親自身が距離を置いて、自分の行為がなぜ子供の反感につながるおのか、落ち着いて客観的に振り返る場が必要かと思います。

子どもは、その成長の過程で、親の支配下から離れたいという、自立へ向けて の歩みを進めているのだと思います。何が本当に必要なことなのかを考えることができれば、歩みよりの第一歩になるのではないでしょうか。重要なのは、子どもを変えようとすることではありません。

息子の母を思う心

反発があっても、言い争いになることがあっても、息子が、母親を心配し、思いやりを抱いていることを感じる瞬間があります。息子の優しさにそっと気づくことがあるのです。

息子が私に、どんな母親であってほしいのか、ようやく落ち着いて考えることができるようになりました。

参考サイト:

思春期?反抗期?「子どもの反抗」は親の言動が原因だという真実(東洋経済オンライン) - Yahoo!ニュース
確かにそのような側面がないこともありません。子どもから大人へと体が変わる時期であり、ホルモンバランスの変化から、ちょっとしたことでイライラが出てくることもあるでしょう。また、先輩、後輩のように異年
思春期の反抗は、息子~のメッセージ
【過干渉に育てられた人の9つの特徴】毒親予備軍のタイプや口癖を解説 | 男の子の子育て「見守る子育て」
・子どもに「過干渉だ!毒親だ!」と言われた・子どもが心配でいろんなことに口を出しては、本気で嫌がられているなど
親が過干渉になる原因と5つの特徴 子どもへの影響は? チェックポイントと対処法を専門家が解説|ベネッセ教育情報サイト
【ベネッセ|育児・子育て】子どものことが心配なあまり口を出し過ぎてしまい、「自分は過干渉な親になっているかも……」と心配になるかたもいらっしゃるかもしれません。親はいつも子どものためを思って頑張っているもの。
過干渉な親御さんを持つあなたへ〜過干渉の見分け方と5つの対処法〜 | キズキ共育塾
「自分の親は過干渉ではないか」と思っているあなたのために、過干渉な親の見分け方と、5つの対処法を紹介いたします。過干渉によって起こること、過干渉な親にならないための意識づけも紹介しますので、自身の過干渉にお悩みの親御さんもぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

スマートウォッチ Bluetooth通話付き iPhone対応 アンドロイド対応 1.85インチ大画面 歩数計 活動量計 スマートブレスレット レディース 腕時計 Bluetooth 5.3 文字盤カスタム 200種類以上文字盤 Smart Watch 着信/メッセージ通知 110種類運動モード GPS連携 長持ちバッテリ 音楽・カメラ制御 日本語説明書 (ブラック)

新品価格
¥2,990から
(2024/2/27 10:26時点)

[EX-DASH] 【2023冬新登場】 スキーゴーグル OTG広視野球面レンズ スノボ ゴーグル イタリア製曇り止めレンズ 滑り止めベルト UV400保護 大視界 メガネ対応 ヘルメット対応 ベンチレーション スノーボード ゴーグル 軽量 耐衝撃 ジュニア 防雪/防風 スノーゴーグル メンズ/レディース 男女兼用 晴れ/曇り/全天候対応 (白枠・シルバー(12%))

新品価格
¥3,180から
(2024/2/27 10:27時点)

タイトルとURLをコピーしました
PVアクセスランキング にほんブログ村