キヅキんブログ - にほんブログ村

仲良しだった妹とのかかわりの変化

振り返りエッセイ: 妹のこと

たったふたりの姉妹。2歳違いだったので、小さい頃は、何をするにも一緒でした。

お互いの結婚後も、距離は離れたが、妹だけは私のよき理解者であり続けてくれました。

ずっと助け合ってきたはずでしたが、父の入院、母の介護を巡って、気持ちの隔たりができ、まったく接触がなくなりました。

最後に会えたのは、妹ご家族から食道がんを患っているという知らせを受け、会いに行った時でした。

小さい頃の想い出

小さい頃は、遊ぶのも一緒、叱られるのも一緒でした。お人形遊びやままごとをよくしていました。

学校の行くのは集団登校だったので、朝はいつも一緒でした。

妹が入学仕立ての時は、休み時間ひとりぼっちでいないか心配で、様子を見に行ったりしました。

押し入れの中でおうちごっこ

今でもよく覚えているのは、押し入れの中で懐中電灯をぶら下げ、一緒に遊んだときのことです。

私と妹は、おうちごっこに夢中でした。その間、押し入れの外で何が起こっていたか、まったく知りませんでした。

なんと、母が青ざめて子どもたち(私と妹)を探していたのです。家中、探してもどこにも姿がない、外に出て辺りをかけずり回っていたらしのです。

心配していた母が、押し入れから明かりが漏れているのに、ようやく気づきました。

ふすまを開けてみると、ちょこんと二人、仲良く静かに遊んでいたのです。

二人の顔を見て、母はどんなに安堵したことか。後から考えると笑い話です。

母に叱られる

母に叱られたのは、大抵、きょうだいげんかです。仲良く遊びましたが、その分、ちょっとしたことでのけんかも多かったのです。「言うこと聞かないなら、お灸すえるよ」と母に追いかけられたこともあります。

学校から帰ると、近所の友だちが集まって鬼ごっこをしたり、自転車で遊んだりしました。いつも集団登校している仲間だったので、学年もバラバラでした。

たまに、時間を忘れて遊びに夢中になり、家に帰るのが暗くなりかけたこともあります。そんな時は、帰宅が遅すぎると、玄関の鍵がかけられて、しばらく中に入れてもらえませんでした。

母は、かなり厳しい親でした。

私も妹も、中に入れてもらうまで泣きわめきました。

今の子どもたちでは、考えられないかもしれませんね。

思春期の頃

思春期の頃になると、妹と私の間に競争心のようなものが生まれた気がします。はっきりしたものではなく、漠然とした感覚です。

妹と私の比較

母は、裁縫が上手で、いつもおそろいの服を作ってくれました。

大きくなると、いつも、姉の私には地味な色、妹には明るい色でした。それが、とても気になって、母からもらった服を着たくないと反発するようになりました。

母の友だち(今でいう「ママ友」ですね)が集まると、私と妹が比較されて話題になるのが嫌だったことも、よく覚えています。

祖母の同居

祖母の同居は、家庭内にいい影響を及ぼしませんでした。絶えず、嫁と姑のこじれたかかわりが存在し、孫である私たちも、祖母に対していい関係を持てませんでした。父は、母と祖母の間に挟まれた辛い立場でした。

ストレスを抱えた日々

妹とのかかわり、家庭内のいざこざ、学校のことなど、様々なことが影響していたのだと思います。

睡眠や食生活が乱れ、ストレスを抱える日々を送りました。体重も異常なほど減りました。自分自身の思春期は、メンタルの病んだ時期だったと思います。

タイトルとURLをコピーしました
PVアクセスランキング にほんブログ村